やさしいドライバー 2018-2019

2019年モデルのドライバーが出始めました。出てきたドライバーを見ていると、急激にやさしくなってきていることに気が付きます。タイトリストやブリヂストンのツアーモデルでさえも、非常にやさしくなっています。
プロでもやさしいモデルを好むようになってきて、もう難しいクラブの需要がなくなってきているのでしょう。
このサイトでは、一般アマチュアが使用してもやさしく飛ばすことが出来るドライバーを中心にご紹介させていただきます。

<やさしいドライバーランキング>
第一位:テーラーメイドMグローレ

2018年10月26日発売の最新モデル。日本人アマチュアや女子プロ、シニアプロが絶大な信頼を寄せる日本人向けドライバー。
とにかくやさしく飛ばすことが出来ます。シャフトの選択次第でシニアプレーヤーからトップアマまで、使うことも出来ます。私自身もグローレF2をエースドライバーとして使っていますので、Mグローレの発売を心待ちにしています。
Mグローレの詳細はこちら

第二位:タイトリストTS2ドライバー

2018年9月28日発売の最新モデル。すでに世界中のツアーでタイトリスト契約プロたちが使用して活躍しています。
今回のTSドライバーは、ゴルフ関係者たちが驚くほどの進化を遂げています。とにかく飛ぶ!しかもやさしい!これまでのタイトリストのイメージが完全に覆されています。それでいて、これまでのように打感もとてもいい。2019年モデル最高のドライバーと言ってもいいでしょう。
タイトリストTS2ドライバーの詳細はこちら

第三位:ヤマハ インプレス UD+2 ドライバー 2019

本当に2~3番手上の飛びを実現したインプレスUD+2アイアンがドライバーとしても人気急上昇中。
とにかくやさしくつかまって飛ばすことが出来ます。
無理をせず軽く振ってもしっかりと飛ばすことが出来ます。楽にドライバーを飛ばしたい方におすすめです。
インプレス UD+2 ドライバーの詳細はこちら

第四位:テーラーメイドM4ドライバー

非常に完成度が高かったM2の流れを汲みながらも、更に慣性モーメントを高めることに成功し、ミスに強いドライバーとなりました。
球が曲がらないという評判のTWIST FACEですが、本当に曲がらないです。一発の飛びではROGUEに軍配が上がりますが、これだけ曲がらないドライバーは私個人的に初めてです。確実にスコアにつながってくれそうなドライバーです。
フェースはやや右を向いており、つかまりをおさえていますので、スライサーやつかまりを重視される方は、USモデルになりますが、Dタイプをお勧めします。
M4 Dタイプ ドライバーの詳細はこちら
M4ドライバー 使用者の口コミ・評価はこちら

第五位:ゼクシオ10ドライバー

国民的ドライバーのゼクシオ最新モデルが12月9日から発売されます。
すでに女子プロを中心に実践デビュー。吉田弓美子選手がいきなり優勝しました。
今回のテーマは「芯食い」。クラブが芯に導いてくれます。
多くのプロは初速の速さに驚いています。
ゼクシオ10 使用者の口コミ・評価はこちら

本当にやさしいドライバーって?

最近のドライバーは、やさしく飛ばせるようになってきています。
各メーカーの努力によって、10年前、いや5年前のクラブと比べても、格段にやさしく、そして飛ぶようになっています。

そして、そのやさしいドライバーの流れは、ツアーの現場にも来ています。少し前までは、プロはヘッドを操作して球を打っていたので、オートマチック系のクラブではなく、操作性の高い難しいドライバーを好んで使用していました。しかし、今やプロでもヘッドを操作せずに大きなスイングでブッ叩く傾向が強くなっています。それはクラブの進化がもたらしたものだと言われています。
クラブの進化がプロのスイングを変えてきて、そして今度はプロのスイングが変わってきたことでゴルフクラブが更に変わってきています。2019年モデルは、プロが使用するいわゆるツアーモデルのドライバーも、急速にやさしくなりました。
難しいツアーモデルの代表格だったタイトリストも、91〇シリーズを終わりにしてTSドライバーとして急速にやさしく進化してきました。

とは言え、やさしくなったからと言って、アベレージゴルファーがツアーモデルのドライバーを使って大丈夫かと言われると、やはりまだ厳しいように思います。
タイトリストTSドライバーに50g台の純正シャフトを入れていたとしても、ヘッドスピード40m/sくらいの方が使った場合は、球は上がりにくいでしょうし、飛距離も思ったほどは出ないかもしれません。

我々アマチュアが使って本当にやさしいなと感じることが出来るのは、やはりゼクシオ10ドライバーといったアベレージゴルファー向けに作られたドライバーだと思います。
球が上がりやすく、無駄なスピンを抑えられ、ミスヒットに強く、つかまりやすい。
ゼクシオ10の凄い所は、シャフトを変えることで、プロも使えるというところ。レギュラーツアーの選手やシニアプロ、女子プロも使っていますからね。決してプロが使うようなドライバーを目指して作ったわけではありませんが、あまりの完成度の高さにプロも使っているというドライバーですね。
そして、ゼクシオの技術が、ツアーモデルのSRIXONのNEWモデルにも採用されるようになりました。そして、SRIXONのドライバーがかなり使いやすく進化しています。
今、日本メーカーのクラブが売れない時代になっていますが、ブリヂストンのドライバーも良くなっているみたいですし、どんどん巻き返して行って欲しいですね。

テーラーメイドMグローレドライバー 発売日

テーラーメイドからMグローレドライバーが発売されます。
mgloire-driver
発売日は、2018年10月26日です。すでにインターネットショップも持っているお店では、予約の受付を開始されています。

☆日本正規品☆テーラーメイド M GLOIRE Mグローレ ドライバー Speeder EVOLUTION TM カーボンシャフト

日本人向けに開発され、日本人のアマチュアのみならず、女子プロやシニアプロが絶大な信頼を寄せるドライバーです。
そのグローレに、TWIST FACEが搭載。M3やM4ドライバーに搭載されており、世界中のトッププロから一般アマまで多くのプレーヤーが絶賛されています。

今回グローレドライバーに、そのTWIST FACEが搭載されました。
M3やM4は私も打ったことがありますが、本当に曲がりません。もちろん、ミスショットをすれば曲がりますが、その曲がりが少ないです。

じゃあ、M3やM4にすればいいかというと、そういうわけでもありません。M3やM4では、球が上がりにくい、難しいという方もいらっしゃるでしょう。私自身も、もっと球が上がってほしいなという印象です。そんな方には、是非Mグローレを試していただきたいと思います。

私自身、グローレF2を使っているのですが、Mグローレの発売を心待ちにしています。
グローレシリーズは、ヘッドスピード40m/s前後でも十分に使えるくらいやさしいドライバーになっています。
TWIST FACEが搭載された日本人向けのやさしいMグローレ。是非、打ってみてください。

Mグローレドライバーの詳細はこちら

シャフトを立てる?倒す?どっちが正解?

やさしいドライバー.comでは、ドライバーが飛ばない方に向けて、基本の打ち方をご紹介してきます。

実は、アマチュアの方々は、間違った打ち方で、毎日一生懸命練習していることが多く、上達に時間がかかっていたり、全く飛ばないスイングになっていたりします。

間違った常識をなくして、最短距離で治していきましょう。

今回は、シャフトは立てるのか?倒すのか?どちらが正しいのかをご紹介します。

ゴルフを熱心に勉強されている方なら、一度は「シャフトを立てなさい」という指導を見たり聞いたりしたことがあるのではないでしょうか?
具体的にシャフトを立てるとは、スイング中のどの場面でのことでしょう?インパクト?バックスイング?ダウンスイング?
多くの方は、ダウンスイングで腕が腰横で水平の辺りまで降りてきたときに、シャフトを立てなさいという指導を見たことがあるのではないでしょうか?

実は、この教えは、間違いです!

クラブの性質上、立ったクラブは倒れます(寝ます)。倒れた(寝た)クラブは立ちます。ダウンスイングで立ったクラブというのは、インパクトでは寝てしまいます。インパクトで寝てしまうとフェースは開いてスライスになります。
実は、ダウンスイングでは一旦シャフトは倒れないといけません。一旦倒れたシャフトは、インパクトで立ってきます。そして、フェースを返していくことでキレイにインパクト出来ます。

プロのスイングを見ていると、ダウンスイングでシャフトが立って降りてくる選手はいません。かならず倒れています。
レクサスのYouTubeページで、所属している松山英樹選手のスイング動画が出ています。後ろからの映像もありますので、是非ダウンスイングでのシャフトの角度を見てください。スロー映像もありますので、わかりやすいです。

思ったよりも倒れていませんか?アマチュアの方は、体が突っ込んで大きく外から降りてきてしまうことがミスになるケースも多いですが、とりあえず今回はシャフトの角度を見てください。思っていたよりもシャフトって倒れているんだなと思う方もいるでしょう。

このように、実は多くの方が実践してみようと思って練習していることが、実は間違った情報であることがあります。その間違った情報を基に、間違ったスイングになろうと頑張ってしまっている場合があります。今後、よくある間違いを正しくお伝えしていきますので、是非参考にしてみて下さい。


スポンサードリンク


ブリヂストン ツアーB XD-3ドライバー

ブリヂストンのツアーB XD-3ドライバーが発売されました。

本当に2019年モデルは素晴らしいドライバーが揃いました。

今回のXD-3ドライバーは、かなり良い方向に向かっているのではないでしょうか。

まず、打感が素晴らしい。食いついて、つかまる感じがしっかりとあります。そして、ストレートの高弾道。かなり良いドライバーです。

ブリヂストン ツアーB XD-3 2019年モデル

やさしいドライバー2019年モデル

2019年モデルのドライバーが続々と発表されています。

2019年モデルの特徴としては、各社ともに非常にやさしいモデルになってきています。現在は、ツアープロでもやさしいドライバーを好むようになってきており、もはやこれまでのハードなクラブというのは需要がなくなりつつあります。そういった流れを受けて、メーカーの方でも大きく舵を切ったような形になりました。

例えば、タイトリストTSドライバー。これまでのタイトリストツアーモデルドライバーとは全く別物だと考えた方がいいでしょう。これまでのタイトリストドライバーは、非常にバランスが良くて、打感も良くて、安定感が良いドライバーという印象。非常に良かったのですが、「やさしさ」「飛び」と言う部分では、我々アマチュアにとってGOOD!とは言えないものでした。

しかし、今回は、ネーミングもこれまでのシリーズと変えてきましたが、全く新しい発想でドライバーを作ってきたそうです。
実際に打ってみると、とにかくその飛びに驚きました。ハッキリ言って、これまでのタイトリストのドライバーではありません。そして、やさしい。TS2ドライバーは、とにかく上がりやすいですし、真っ直ぐ飛びます。私自身917D2を使っていた時期がありますが、まるで違います。

タイトリストTS2ドライバーの詳細はこちら

そして、SRIXONもドライバーを一から作り直すということで、「ZERO SRIXON」ということでNEWモデルの開発に当たったそうです。SRIXONで初めてクラウン部分にカーボンを使いました。また、アマチュアに人気のXXIOからも随分技術を取り入れているようです。

9月22日頃新発売予定 DUNLOP ダンロップ SRIXON Z585スリクソン Z585 ドライバーMiyazaki Mahana シャフト ・スマホスタンドプレゼントキャンペーン

SRIXONドライバーもかなり良くなってきましたが、ただやはり私としては、タイトリストTSドライバーをお勧めします。それくらいに衝撃的なドライバーです。

タイトリストTSドライバー 発売日

タイトリストの最新モデルが発売されます。
今回発売されるのは、TS2ドライバーとTS3ドライバー。
発売日は9月28日です。
すでに予約の受付が開始されています↓↓

タイトリストTS2ドライバー

これまで910⇒913⇒915⇒917と発売されてきたので、今回発売されるモデルは919ドライバーになるのかなと予想していましたが違いましたね。

ネーミングを変えてきたのは、これまでのシリーズとは一線を画して、全く新たなシリーズを完成させたということのようです。

事実、今回のドライバーは、これまでのタイトリストのトップモデルとは全く異なるものです。
ハッキリ言って、これまでのタイトリストのイメージとは全く違い、最高です!

何か目新しいテクノロジーが搭載されているというわけではなく、飛ばす為にすべてを見直して、すべてを改良してきました。過去に縛られず、目新しさにとらわれることもなく“最良”を追究し飛距離アップの基盤、骨格を本気で作りあげました。その挑戦から確立された飛距離アップのプラットフォームが“TITLEIST SPEED CHASSIS(タイトリスト スピード シャーシ)”です。

実は、私自身917D2を使っていた時期もあるのですが、抜群にやさしくなりました。
そして、めちゃくちゃ飛びます。この飛びは、ヤバいです。計測器が間違っているのかと思うほどの数値が出るのですが、実際に本当に飛んでいるんですよね。

とにかく、今回のタイトリストTSドライバーは、凄いです!

初心者やアベレージゴルファーはやさしいドライバーを!

初心者やアベレージゴルファーは、球が上がりやすいやさしいドライバーを使うことをお勧めします。

その最大の理由は、その方が上達が早いからです。

プロや上級者が好んで使用するプロモデルのドライバーを持っていると格好いいですよね。ついついドライバーを選ぶ際に、そういった格好いいドライバーに目が行ってしまいます。

そして、試打をしてみると、案外そこそこ良いデータが出てくるんですよね。けど、ゴルフあるあるですが、実際に使い始めると、なかなかうまく飛んでくれません。

プロが使用するモデルで、しかもシャフトもカスタムなどを入れてしまうと、とにかく球が上がりにくくなります。すると、球をしゃくりあげるような動きになってしまい、結果としてスイングを壊す原因となってしまいます。
初心者やアベレージゴルファーは、球をキッチリハンドファースト+ダウンブローもしくはレベルブローでとらえる練習をするべきなのに、それでは球が上がらないので、しゃくり上げてしまうのです。

練習場では連続で何球も打つしプレッシャーもありませんから何とか打てるかもしれませんが、コースではうまく打てません。

とにかく、まずはやさしいドライバーでスイングを作りましょう。プロモデルを使うのは、それからでも遅くありません。

ミズノ GXドライバー 口コミ・評価

ミズノのGXドライバー。

ミズノGXドライバーの詳細はこちら

打感や飛距離性能、方向性と全てにおいて、評価が高いクラブを提供してくれるミズノ。プロモデルのMPは、格好いいけどやっぱりハードで使いこなせないという方に、軽くて優しく飛ばせるGXが登場しました。

大きな特徴は、軽いシャフトで非常にヘッドスピードが出やすいのですが、軽くても硬いシャフトである程度力がある方でも、シャフトが暴れずに正確に飛ばすことが出来ます。
実際に使用している方々からの口コミ・評価も非常に高くなっています。その中でも、やはりシャフトについてのコメントも多くなっています。飛距離も出やすく、方向性も安定しているという評価が多いです。
⇒ミズノGXドライバー 口コミ・評価はこちら

ふるさと納税でゴルフのドライバーをもらえます

ふるさと納税の返礼品でゴルフのドライバーをいただける自治体があります。

すでにふるさと納税を行った経験のある方はご存知だと思いますが、ふるさと納税をするとその自治体から特産品やその地域の企業の商品などを返礼品としてくださいます。

その返礼品として、ゴルフ用品を用意して下さっている自治体があります。例えば、佐賀県武雄市。なんと、ゼクシオ10ドライバーを貰うことが出来るのです。
⇒【佐賀県武雄市】ふるさと納税の詳細はこちら

納税額は20万円と高額。でも、来年の税金から19万8000円控除されますので、税金を早めに支払うだけ。ただ、所得によって控除額には上限がありますので、注意して下さい。

控除を受けることが出来ない2000円のみが実質的な負担となります。その2000円だけでゼクシオ10ドライバーがもらえるというわけで、本当にお得な制度です。

ゼクシオ10ドライバーの購入を検討している方は是非ふるさと納税も検討してみてください。普通に購入すると6万円近くしますからね。

【2018年モデル】【ダンロップ】XXIO10 DRIVERゼクシオ10 ドライバーMP1000 カーボンシャフト【XXIO X】【DUNLOP】【日本正規品】

テーラーメイドM3ドライバーは難しい?やさしくなった!

テーラーメイドの新しいMシリーズであるM3とM4がアマチュアにも非常に人気となっています。

M3とM4のどちらが売れているかというと、やはりM4の方が売れています。これはM1とM2からのイメージで、M2の方がやさしく、M1はハードヒッターやプロ向けのモデルだったことから、新しいMシリーズでもM3は敬遠され気味なんだろうと考えられます。

M3とM4を打ちくらべてみると、実はM3も非常に扱いやすく、オートマチック度が上がっています。ハードヒッターでなければ、球が上がらなかったM1とは違って、アベレージゴルファーでも十分に使えるドライバーに仕上がっています。

テーラーメイドM3ドライバーの詳細はこちら

M3かM4のどちらを選択するかという基準ですが、重心位置の調整機能が付いているドライバーは、ついていないドライバーかという基準で選んでもいいのかなと思います。M3を選んで、重心を前目に持ってきて、球のつかまりを抑えて中弾道で力強い球を打つのもいいですし、重心を後ろでドロー寄りに置くことで、やさしく上がってつかまりやすいドライバーに仕上げるのもいいのかなと思います。

実際に使用している方々の口コミ・レビューも非常に参考になるのではないでしょうか。TWIST FACEで圧倒的に曲がりが少ないという評価が多いですが、やさしさについてもコメントされているレビューもありますので、是非参考にしてみてください。
⇒M3ドライバー 使用者の口コミ・レビューはこちら