重心深度が深いとやさしいドライバー?

ドライバーの性能を見る際に、ヘッドの重心データを見ると色んなことがわかります。

重心データの一つに、重心深度と言うのものがあります。
jyushinshindo

重心深度が深いことで
・球が上がりやすい
・球がつかまりやすい
・ミスヒットに強い
というメリットがあります。

逆に重心深度が浅いと
・高さを抑えた力強い弾道の球が打てる
・球がつかまり過ぎない
・スピン量が少なくなる
というメリットがあります。

どちらの方が良いかは、プレーヤーのスイングタイプやドライバーの求める性能に寄りますが、重心深度が深いヘッドの方がやさしい傾向にあります。

重心深度が深いドライバー
・G400MAXドライバー
・G410PLUSドライバー
・G410SFTドライバー
・M6

優しいドライバーはどれ?

2018年に入って各メーカーから一気にNEWモデルが発表されています。

中でも、今最も勢いのあるテーラーメイドからMシリーズ、2017年爆発的に売れたEPICの後継モデルROGUEが発売されます。また、PINGのG400からもMAXが登場します。

プロに人気のドライバーは、決してアマチュアにとって使いやすいドライバーとは言えません。今、発売されるドライバーでやさしく使いやすいドライバーはどれなのか考えてみます。

キャロウェイの前のモデルEPICシリーズは、結構難しいイメージがありました。それがROGUE STAR ドライバーとなって非常にやさしくなっています。スライサーでもつかまりがいいので使えるでしょう。またヘッドスピードも40m/sくらいでも十分球は上がってくれるので、大変やさしく使えるドライバーとなっています。

【予約販売】日本正規品 2018年 キャロウェイ ROGUE STAR ドライバー【Fujikura Speeder EVOLUTION for CW カーボンシャフト】【ローグ】【スター】【フジクラ】【スピーダー】

同じくらいやさしいドライバーとして挙げられるのが、PING G400 MAX ドライバー。
ROGUE STAR ほどにはつかまらないので、つかまりが良すぎるのも嫌だという方におすすめです。

PING G400 MAX ドライバーの詳細はこちら

テーラーメイドもご紹介させていただくと、実は、日本では発売されないM4のDタイプというモデルが最もやさしいドライバーとなります。M4のヘッドをつかまりが良い重心位置にして、スライサーでも捕まるドライバーとなっています。


テーラーメイドM4 Dタイプ の詳細はこちら

PING G400 MAX ドライバー 発売日

人気のPING G400 ドライバーから、
460CCの大型ヘッドのG400 MAX ドライバーが発売開始となります。

これまで発売されていたG400シリーズが全て445CCと今どきのドライバーにしては小さいヘッドでした。それでも慣性モーメントは非常に高くミスヒットに強かったのですが、今回は更に慣性モーメントが高まってミスに強いドライバーとなっています。

発売日は、3月8日です。


PING G400 MAX ドライバー